シンガポール ビジネス 最新ニュース

仕事と家庭の両立

仕事と家庭の両立

保育園、メイドサービスが充実共働きしやすい環境

平日のオフィス街に行くとたくさんの女性が働いている印象を受けるシンガポール。年齢層も様々だったり、臨月が近いと思われる妊婦※さんがいたりします。統計上も、子どもを持つ共働き世代は近年増加傾向にあり、「夫婦共働き」が当たり前になっていることが分かります。(※一般的に、シンガポールのローカル企業では「育児休業制度」に該当するものはなく、産前産後の16週間程度の休暇しか権利がありません。ほとんどが産後すぐに職場に復帰。)※情報はhttps://www.msf.gov.sgより
こうした背景には、国土が狭く子育てのサポートを両親から得やすいこと、メイドサービスが比較的安価であること、保育園がたくさんあるなど共働きをしやすい環境が整っていることがあると思います。メイドサービスや保育園は外国人である日本人でも利用が可能。
日本でも、女性のキャリアへの意識が高まる中、「子どもがいる日本人家庭」がシンガポールに移住(赴任)後も、共働きを継続しようとする状況が増えつつあります。家庭の事情に応じて次のどちらかのパターンで仕事と家庭の両立を図ろうとする傾向があります※はたらくママ@シンガポール調べ

・メイドさんなし保育園やベビーシッター(学校)のみでフルタイムもしくはパートタイム

・メイドさんありで保育園(学校)の組合せでフルタイム日本であっても、シンガポールであっても働きながら家事育児を両立するためには、様々なチャレンジが。特に、頼れる親族などが近くにいない環境では、「メイドさん」と「保育園(学校)」の役割が大きくなってきます。いかに、自分の家庭の趣向に合う形を整えられるかがキーポイントになるでしょう。

メイドさんとの暮らし方ポイント

一般的に、メイド雇用は雇用主らがビザの責任を持ち住み込みの外国人を雇う形になります。(フィリピン・インドネシア・ミャンマー人等が多い)。仕事は、家事・育児等家庭によってその役割は様々です(例:子どもの保育園や学校への送迎、子どもの世話、炊事、洗濯、掃除など)。体験談より、互いに良好な関係を維持していくためには次のポイントがあるとされています。

ポイント❶メイドさんを雇う際に大事なこと
スムーズなコミュニケーションが取れそうか、信頼関係が築けるかどうかが一番大事です。ひとつ屋根の下に他人と住むわけですから、いくら経験があっても、料理が上手でも、良好な関係なしには、お互いにストレスが溜まってしまいます(経験者の場合)。前の雇用主に働きぶりを電話等で聞くことはその人を見極めるのにオススメの方法です。

ポイント❷夫婦間で「雇用目的・役割」への共通認識を持つ
メイドさんをどんな目的で雇用するか、何をどこまで求めるか夫婦で共通認識を持つことが大切です。そうすることで期待ギャップによる衝突を回避できます。

ポイント❸家庭内ルール・仕事を明文化
メイドさんは国籍も文化も違う外国人。ニュアンスでは伝わらないことも。
家庭内のルール、方針等ははっきり伝えるコミュニケーションが大切です。また仕事も何をどこまでするか、スケジュールを作成しミスコミュニケーションを防ぐ方法もありますね。

保育園・学校選びのポイント

保育園(ベビーシッター)や学校の役割は共働き家庭にとっては必須の存在といっても過言ではないでしょう。異国での保育園探しには何かと戸惑いがち。働くことを前提にした時の、保育園探しについては次のポイントがあります。

【未就学児の場合】
ポイント❶保育の質?職場・家からの距離?優先順位を明確に
家またはオフィスからの距離、保育方針・カリキュラム、料金、預けられる時間等、優先順位を明確に園探しすることが大事です。給食、園庭の有無等、日本の保育園と環境が異なる場合もあります。その国のスタンダードを知ることは大事ですね。

ポイント❷疑問があれば先生に相談を
国が違えば常識が違うことも多々あります。疑問がある場合は、先生とコミュニケーションを取ることをオススメします。英語が苦手な場合は、口頭でなくとも、What’s UpなどSNSを通じて直接連絡できることも多いです。万が一園が合わない場合には、転園も視野にいれることも出来ますよ。(※ただし、人気の園だと数カ月待つこともあります)。

【小学生以上の場合】
ポイント❸放課後の「学童」の利用も
シンガポールにも学童に相当するサービスがあります。一般的には、ローカルの小学生向けのものですが、依頼すれば日本人が通える場合もあります。(※ただし、学校→学童の移動の手段を交渉する必要があります)。
さらに、左記のような外部環境以外にも、実は「仕事と家庭の両立」に必要なことが。シンガポーリアンの共働き世帯に聞いたところ、海外出張などが多いシンガポールでは「夫婦での協力」関係が最も重要な要因になるそう。夫婦の「どちらか」ではなく、「全員野球」による両立を図るのがシンガポールスタイルのようですね。女性が働きやすいシンガポール。チャレンジしてみたい方はぜひ一歩進んでみることを応援します。

はたらくママ@シンガポールは、シンガポール在住の日本人で働いているママ、いずれ働こうと考えているママが「学ぶ」そして同じ思いをもつママ同士を「つなげる」場を提供しているコミュニティです。

情報提供

はたらくママ@シンガポール
http://asia.hatamama-world.com/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *