シンガポール 教育

日本人学校

日本人学校

日本の教育が受けられる日本人学校
シンガポール日本人学校は、小学部 2 校(クレメンティ校、チャンギ校)および中学部の計3校を有しており、日本の教育課程に基づいた教育を行っています。

小学部

小学部では、現地校との交流会や交換ホームステイなどを行い、シンガポールの自然・文化・人々の暮らしなどを幅広く学んでいます。また、週 3 回の英会話授業やイマージョン授業(音楽・水泳)を通して、積極的な英語でのコミュニケーション能力の取得を目指しています。全学年を通して、ICT 教育も活発に行っており、今年度からはプログラミング教育も開始しました。

中学部

中学部では、習熟度別少人数の英語授業のほか体育 · 音楽 · 美術 · 家庭科ではイマージョン授業を行って英語力を育成しています。ICT 教育も充実、1人1台クロムブックを持ち、調べ学習・プレゼンテーションやレポートをまとめる等の技術を磨きます。現地校との交流プログラムも活発に実施。また2017年度から、英語で学級活動を行い数学・理科を英語で学ぶグローバルクラスを開始、世界で活躍するための「英語力」「発信力」を身につけています。卒業後は半数以上が日本の高校へ進学する他、早稲田渋谷シンガポール校へ数十人が、インターナショナルスクールに数名が進学します。

日本の学校と違う点としては、「転入生が多い」「通学はスクールバス」「お弁当持参」「服装は自由」(制服がない)「学用品の指定がない」などが挙げられます。

5つの教育の柱
21 世紀に生きる日本人として、「豊かな国際感覚をもち、世界の人々とつながろうとする人材の育成」を目指し、次の 5つを柱とする教育を行っています。
•「生きる力」を育むための基礎基本の徹底
• 英語教育の重視
• 国際理解教育と現地校交流の推進
• ICT 教育の充実
• 家庭 · 地域との連携

新入学・編入学
入学願書に❶保護者の労働許可証コピー、❷保護者の日本人会会員証(仮でも可)コピー、❸児童・生徒のパスポートコピーを添えて、各校事務室へ提出。

学区制
小学部は学区制を敷いているため、居住地によりクレメンティ校かチャンギ校かが決まります。

学校見学
見学は随時受け付けています。各校事務室までお問い合わせください。

事務室受付時間
月~金曜 9:00~16:00
学費、諸費用などの最新情報は、下記ウェブサイトをご覧ください。
www.sjs.edu.sg

情報提供

シンガポール日本人学校  The Japanese School Singapore

Tel: +65-6775-3366
otoiawase@sjscle.edu.sg
www.sjs.edu.sg

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *