シンガポール 企業案内 教育

無限の可能性を今から開花知情体三位一体の全人教育

無限の可能性を今から開花知情体三位一体の全人教育 「多様化・多言語化していく世界に対応できる子供を育てよう」を教育目標に、シンガポールに在住する主として日本人家庭の子どもたちに、シンガポールの国際的な環境を最大限に活かした最善の幼児教育を施すことを目指して設立されました。日本語と英語を併用して日常保育を行い、自然に英語と国際感覚が身につくようにすることを基本理念にしています。 Konohana Kindergarten 16 Ramsgate Road, Singapore 437462 Tel: +65-6342-0100 www.konohana.edu.sg/

シンガポール 企業案内 教育

グローバル人材を育成する在外日本人高等部

グローバル人材を育成する在外日本人高等部 早稲田渋谷シンガポール校は、早稲田大学の系属校です。100名の定員に対して78名の早稲田大学への推薦枠が設けられています。英語外部試験利用入試も実施しており、一定の基準を満たしている場合には、入試の英語得点に加点します。卒業時には、早稲田大学英語学位プログラムとも連携します。海外大学準備講座も実施しており、海外の大学受験も目指します。 WASEDA SHIBUYA SENIOR HIGH SCHOOL (CPE 199000644E) 57 West Coast Road, Singapore 127366 Tel: +65-6773-2950 www.waseda-shibuya.edu.sg

シンガポール 企業案内 教育

インター園と一部活動を共にする日系幼稚園

インター園と一部活動を共にする日系幼稚園 インターナショナル幼稚園が併設し、多国籍の子ども達と一緒に活動や行事を行うこともある日系幼稚園。「自主性」「情操性」「協調性」「創造性」の4つの教育目標を掲げ、日本から取り寄せた知育教材で遊びを通じて沢山のことを学び、体験します。クラスは少人数制で一人ひとりの可能性を最大限に引き出します。 芸術、科学、音楽などを学ぶ為に設計された空間で様々な経験を経て新しい発見をし、遊びを通じて学びます。 MESSAGE ご挨拶 藤井 彰子 Akiko Fuji プレスクール・コーディネーター 緑豊かな環境で、母語を大切にした保育を行っています。また、インターナショナル園に併設されているので、シンガポール生活ならではの異文化に触れることもできます。 Himawari Preschool 18 Pearl`s Hill Terrace, Singapore, 168975 Tel: +65-6469-1738 www.himawari-artskidz.com

シンガポール 企業案内 教育

芸術を通したカリキュラムで子どもの創造性を育む

芸術を通したカリキュラムで子どもの創造性を育む 年少期の学習に異なるアプローチを取っており、独自プログラムでは識字・数字能力などの要素を芸術や言語と統合し、充実した教育経験を子ども達に提供します。放課後は演劇やサッカー、バレエなどの楽しいクラブ活動に参加する機会もあります。新たにロボット工学クラスも加わり、プログラミング、問題解決能力が学べます。 K2クラスでは毎年スポーツ大会を開催。就学前の教育に運動技能を開発するスポーツを含むことが重要です MESSAGE ご挨拶 クリスチャン・コー 設立者・専務取締役 放課後に発展学習をする幼い子どもが多いことに気がつき、のびのびとした時間や自由などの子どもらしさを維持しつつ、幅広い教育経験が出来る学校を目標としています。 Arts Kidz International Group 10 Raeburn Park, Blk C #02-33, Singapore 088702 Tel: +65-6456-8003 www.artskidz.com.sg

シンガポール 企業案内 教育

科学技術を使った総合学習で子ども達にひらめきを

科学技術を使った総合学習で子ども達にひらめきを 「アーツ・ハウス」は学習に対して独自のアプローチを取っています。「アーツキッズインターナショナル」によって特別設計されたプレイグループプログラムでは、10カ月〜4歳までのお子様向けの充実した親同伴者クラスがあります。穏やかな養育環境でお子様の年齢に合った適切な活動でお子様と親御さんを導きます。 自然を愛する心、生き物を育てることは大切。子ども達が世話をするハーブや野菜のある庭園もあります。 MESSAGE ご挨拶 ベルナデッテ・ゲッヅラー 校長 科学、数学、芸術、研究、科学技術を日々の活動に取り入れた「S.M.A.R.T. 」学習で、学ぶことに意味をもたらし、問題解決能力を促すと共に、クリティカルシンカーになる準備をします。 Arts Haus International 18 Pearl’s Hill Terrace, Singapore 168975 Tel: +65-6532-2837 www.artshaus.sg

LI-Thailand タイ 教育 最新ニュース

石田久二氏特別講演会【RASから30年後の生き方を創造する】

石田久二氏特別講演会【RASから30年後の生き方を創造する】 チャンネル登録者数5万人を超える人気YouTuberであり、発売2か月で5万部のベストセラーとなった 『夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?』の著者、石田久二先生による特別講演会です! 人は「見たいもの」を見て(視覚)「聞きたいもの」を聞いて(聴覚)、無意識に多くの情報を削除しながら生きています。 今回のセミナーでは、世界を構築する源である「RAS」と呼ばれる認識の選別システムに着目し、これから30年後までの生き方、世界を創造する方法を実践します。 お申込・お問い合わせ:高橋(takahashi@personnelconsultant.co.th) 日時: 2020年3月4日(水)18時~20時 場所: パーソネルコンサルタント セミナールーム 料金: 1,500バーツ(+VAT) https://personnelconsultant.co.th/seminar/post-1927/ PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER (THAILAND) CO., LTD. L, UL FLOOR Interchange 21 Bldg,399 SUKHUMVIT ROAD, KLONTOEY NUA, WATTANA, BANGKOK 10110 THAILAND Tel: +66-2260-8454 https://www.personnelconsultant.co.th/

マレーシア 教育 最新ニュース

Step1Malaysiaが、現地の小学生対象に「光る泥だんご教室」開催!

Step1Malaysiaが、現地の小学生対象に「光る泥だんご教室」開催! Step1 Malaysiaの活動でも知られているN.S Vision (MM2H) 社が当地の社会活動の一環として、1月22日に「光る泥だんご教室」をPuchong 地区にある公立学校「SEKOLAH KEBANGSAAN TAMAN PUTRA PERDANA」にて開催しました。泥だんごを手で磨き、光沢のあるピカピカの泥だんごに仕上げることで日本でも話題の光る泥だんごは、感性を育み、遊びを通してもの作りを学び、またお友達との人間関係を育む側面があると言われています。当日は同校の生徒約20名が参加。同社の中村直輝MDと泥だんご作り活動における日本のパートナー企業である株式会社オフィスメーカーの吉見昭CEOから、泥だんごの材料が送られると、生徒たちははじめて体験する泥だんご作りに真剣に取り組んでいました。 今回、生徒たちが作る泥だんごの資材準備にあたり、下準備作業は大阪市立新北島中学校の生徒たちが大幸工業株式会社の協力を得て作業を行いました。 泥だんご作りを通して、5000km離れた行ったこともない国同士の子どもたちがお互いを想い合うという小さな交流が生まれました。泥だんご作りを終えた後は、マレーシアの生徒たちから日本の生徒たちへのお礼のメッセージの寄せ書きも行われました。中村MDは「この活動がマレーシア全土に広まり、また世界にまで浸透するように、吉見CEOの力を借りて活動を続けてまいりますので、今後もご支援のほどよろしくお願いいたします」今後も同社の活動に注目が集まります。 MM2Hビザをはじめとした各種ビザ代行など様々なサービスと提供する同社では、マレーシアへの社会貢献の一環として今後も様々な活動を続けていくとのこと。 N.S VISION (MM2H) SDN. BHD. (1012147-W) 10-2, Jalan USJ 21/3 Sime UEP 47630, Subang Jaya Selangor. Tel: +603-8023-5251 step1malaysia@gmail.com www.step1malaysia.com

LI-Thailand Living Info タイ 教育

インターナショナルスクール

インターナショナルスクール タ イには多くのインターナショナル校が存在しますが、ここではバンコク近郊の学校を紹介します。英国式もしくは米国式の教育カリキュラムのもと、とれぞれ特色のある活動や教育理念を打ち出しています。また日本人スタッフや日本語教師が在籍している学校では母国語としての日本語教育を指導している学校もあります。 インターナショナルスクールと日本の学校の学年表記対応表

マレーシア 教育

バイリンガル

バイリンガル マレーシアではバイリンガルがごく当たり前 アジアの中でも比較的英語が通じやすいマレーシア。でもマレーシアの公用語はマレー語。ということは、マレー語と英語を駆使するバイリンガルが多い他、中華系の人になるとさらに中国語(+各地方言)が、インド系の人になるとタミル語が加わり、トリリンガルやマルチリンガルな人も。そこでマレーシア人の方々に、バイリンガルになるまでの経緯を教えていただきました。 ケース1マレー系マレーシア人イフザンさんの場合*話せる言語:マレー語・英語 子どもの頃、両親はマレー語と英語の両方で私に話しかけていたと思います。就園前は英語のアニメを見ていましたが、就園後はマレー語と英語の勉強が始まり、小中学校でも同様でした。このように、常に2つの言語に囲まれて育ったことがバイリンガルに繋がったんだと思います。個人的に洋楽を聴いたり洋雑誌を読んでいたことも影響しているかもしれません。ちなみに、バイリンガルのマレーシア人は、1つの文章の中でマレー語と英語を混ぜて話す人も多いですね。 ケース2中華系マレーシア人レイクンさんの場合*話せる言語:英語・中国語(マンダリン・広東語・福建語)・マレー語 小学校は中華系だったので主言語はマンダリンでしたが、マレー語・英語も必修科目だったので、6年間は3言語の書き・読み・聞きを勉強しました。中学校はマレー系なのでほぼマレー語で勉強しつつ、中華系の友人との会話はマンダリン、放課後は塾で英語を学びました。カレッジからは英語が主言語になり、今に至ります。今3言語が扱えるのは、小さい頃から触れてきたからだと思います。今振り返ると、言語の吸収は小さい頃の方が簡単だと思うので。プラス、学校を出た後もどれだけその言語を練習し使い続けるかによっても違ってくると思います。 ケース3インド系マレーシア人マニマランさんの場合*話せる言語:英語・マレー語・タミル語 タミル語は家で使っていたので話せますが、読み書きはできません。小中学校はマレー系でしたが、特に小学校は中華系の友人が多かったので、友人同士のコミュニケーションや映画鑑賞などは英語でした。また、10歳くらいから新聞を読んだり辞書で調べるなどして、意識的に英語に触れるようにしていました。その後社会人になってから現在まで英語が主流です。3言語を話すまでに、特に苦労したことはありませんが、小さいうちから色々な言語に触れておいた方が身につけやすいと思います。 日本人バイリンガル事情インター校に通うわかなくんの場合*話せる言語:日本語・英語 インター校に入って約3年。通常授業に加えてEALを2年間受けた他、語学学校に週2回通っています。基本的に家では日本語ですが怒ると英語に。バイリンガルになって、スポーツ好きになりました。日本語は、話せて、ある程度読めれば良いと思っています。この先も英語をベースに色々と学んで欲しいと思います。(わかなくんお母さん談)

マレーシア 教育

成長過程に合わせた運動プログラム

成長過程に合わせた運動プログラム 同教室では、4カ月〜12歳児を3グループに分け、各成長過程に応じたプログラムを用意。3歳までは体の基礎作り、6歳までは運動能力向上と協調性を育み、12歳までは健康的な運動習慣づけや最高のパフォーマンス発揮の方法などを習得していきます。 3歳までは親子で参加。4カ月の赤ちゃんから筋肉作りや周りを認識する力などを構築します The Little Gym MalaysiaP-18 Plaza Ground Floor, Hartamas Shopping Centre, Jalan Sri Hartamas 1, Taman Sri Hartamas, 50480 KL.Tel: +603-6211-9233www.thelittlegym.com.my営:月〜金 10:00-19:30、土日 09:15-19:15