シンガポール ビジネス ライフ

引越し(帰国)

引越し(帰国) 本帰国が決まったらシンガポールからの海外引越 ■海外引越しの流れ ❶引越業者に連絡を取る お名前・ご帰国予定日・勤務先・現在の住所・電話番号・日本の配達地域を伝えます。 ⬇ ❷事前の打ち合わせ・見積もり 引越しのスケジュールや梱包日、日本への配達希望時期、一時保管の有無などを打ち合わせし、荷物の量を下見します。 ⬇ ❸ 引越業者の選定 海外引越では、料金の他に日本への配達時のサービス(開梱、廃材の回収有無)も選定時の条件になります。 ⬇ ❹ 荷物の選別と梱包 海外引越はお任せ梱包が基本ですが、事前にダンボール箱やクッション材など梱包材を送ってもらい、自身で整理・梱包を始めることも可能です。 ⬇ ❺ シンガポール出国 帰国の搭乗機内にて携帯品・別送品申告書が配布されますので、2枚ご記入ください。事前に、引越業者が別送品申告書を配布している会社もあります。 ⬇ ❻ 日本に到着 到着後、荷物検査の際に別送品申告書(2枚)を税関に提出し捺印を受け、1枚は税関へ。もう1枚は空港内カウンターにて提出か、パスポートコピーと一緒に引越業者からの指定住所に速達書留やエクスパックで郵送します。この書類は後日到着する荷物の免税通関の際に必要です。 ⬇ ❼ 引越荷物の通関・配達 荷物が着港すると業者は別送品申告書を受け取り次第、通関の手続きを代行してくれます(荷主の立ち会い不要)。船便と航空便の通関場所は異なるため、通常航空便の後に船便の通関手続きをします。 情報提供 クラウンライン  Crown Line Pte Ltd Tel: +65-6266-6150 singapore@crownline.com.sg www.sg.crownline.jp

シンガポール ビジネス ライフ

大使館情報

大使館情報 シンガポールで生活するために 知っておくべき各種手続きをご紹介 ■領事相談(領事出張サービス) 平日、大使館にご来館できない方々の不便を少しでも補うために、毎月第1日曜日13:00~17:00(変更の場合あり)に、シンガポール日本人会館において出張手続きを実施しています。受付・相談内容は、パスポート(旅券)申請・交付、在外選挙人登録申請や一般領事相談などを行っています。なお、本サービスは、日本人会非会員の方でも利用可能です。開催日が変更となる場合がありますので、本サービスを希望される方は、事前に大使館ホームページで確認ください。 ・ 緊急連絡の場合は? 夜間・休日などに人命に関わる緊急かつ重要な用件が発生した場合は、大使館代表電話の自動案内システムを通じて、担当者に連絡がいきます。なお、大使館は土・日とシンガポールの祝祭日の他に、年末年始及び日本の祝祭日の一部が休館日となります(休館日はホームページでご確認ください)。 ■在外選挙制度 海外在住であっても日本の国政選挙(国民投票を含む)に投票できる制度です。海外において投票を行うためには、あらかじめ大使館を通じて在外選挙人名簿への登録申請を行い、『在外選挙人証』を取得しておく必要があります。在外選挙人証は登録申請後、登録申請書が日本国内の市区町村選挙管理委員会に届いてから、在外選挙人登録が行われ、在外選挙人証がお手元に届くまで約3カ月を要します。選挙直前に登録申請をされた場合、投票に間に合わない場合もあるので、お早めに申請してください。また、2018年6月1日より日本の最終住所地の市区町村に転出届を提出する際に、事前に登録申請が可能となりました。詳細については総務省ホームページをご確認ください。 ・登録の資格 登録資格は、年齢満18歳以上で日本国籍を有する人、日本に住民票がなくシンガポール・バタム島・ビンタン島のいずれかに在住して3カ月以上経過している人が対象。在外選挙の投票の方法や注意事項は大使館ホームページで確認ください。 ■パスポート(旅券)申請の種類 新規発給、更新、訂正、紛失などの様々な申請方法は下表のとおりです。申請書については大使館ホームページよりダウンロードが可能となっています。必要書類については大使館ホームページにてご確認ください。 情報提供 シンガポール日本大使館  Embassy of Japan in Singapore 16 Nassim Road, (S)258390 Tel: +65-6235-8855(代表) www.sg.emb-japan.go.jp ※S$1=80円

シンガポール ビジネス 最新ニュース

仕事と家庭の両立

仕事と家庭の両立 保育園、メイドサービスが充実共働きしやすい環境 平日のオフィス街に行くとたくさんの女性が働いている印象を受けるシンガポール。年齢層も様々だったり、臨月が近いと思われる妊婦※さんがいたりします。統計上も、子どもを持つ共働き世代は近年増加傾向にあり、「夫婦共働き」が当たり前になっていることが分かります。(※一般的に、シンガポールのローカル企業では「育児休業制度」に該当するものはなく、産前産後の16週間程度の休暇しか権利がありません。ほとんどが産後すぐに職場に復帰。)※情報はhttps://www.msf.gov.sgより こうした背景には、国土が狭く子育てのサポートを両親から得やすいこと、メイドサービスが比較的安価であること、保育園がたくさんあるなど共働きをしやすい環境が整っていることがあると思います。メイドサービスや保育園は外国人である日本人でも利用が可能。 日本でも、女性のキャリアへの意識が高まる中、「子どもがいる日本人家庭」がシンガポールに移住(赴任)後も、共働きを継続しようとする状況が増えつつあります。家庭の事情に応じて次のどちらかのパターンで仕事と家庭の両立を図ろうとする傾向があります※はたらくママ@シンガポール調べ ・メイドさんなし保育園やベビーシッター(学校)のみでフルタイムもしくはパートタイム ・メイドさんありで保育園(学校)の組合せでフルタイム日本であっても、シンガポールであっても働きながら家事育児を両立するためには、様々なチャレンジが。特に、頼れる親族などが近くにいない環境では、「メイドさん」と「保育園(学校)」の役割が大きくなってきます。いかに、自分の家庭の趣向に合う形を整えられるかがキーポイントになるでしょう。 メイドさんとの暮らし方ポイント 一般的に、メイド雇用は雇用主らがビザの責任を持ち住み込みの外国人を雇う形になります。(フィリピン・インドネシア・ミャンマー人等が多い)。仕事は、家事・育児等家庭によってその役割は様々です(例:子どもの保育園や学校への送迎、子どもの世話、炊事、洗濯、掃除など)。体験談より、互いに良好な関係を維持していくためには次のポイントがあるとされています。 ポイント❶メイドさんを雇う際に大事なこと スムーズなコミュニケーションが取れそうか、信頼関係が築けるかどうかが一番大事です。ひとつ屋根の下に他人と住むわけですから、いくら経験があっても、料理が上手でも、良好な関係なしには、お互いにストレスが溜まってしまいます(経験者の場合)。前の雇用主に働きぶりを電話等で聞くことはその人を見極めるのにオススメの方法です。 ポイント❷夫婦間で「雇用目的・役割」への共通認識を持つ メイドさんをどんな目的で雇用するか、何をどこまで求めるか夫婦で共通認識を持つことが大切です。そうすることで期待ギャップによる衝突を回避できます。 ポイント❸家庭内ルール・仕事を明文化 メイドさんは国籍も文化も違う外国人。ニュアンスでは伝わらないことも。家庭内のルール、方針等ははっきり伝えるコミュニケーションが大切です。また仕事も何をどこまでするか、スケジュールを作成しミスコミュニケーションを防ぐ方法もありますね。 保育園・学校選びのポイント 保育園(ベビーシッター)や学校の役割は共働き家庭にとっては必須の存在といっても過言ではないでしょう。異国での保育園探しには何かと戸惑いがち。働くことを前提にした時の、保育園探しについては次のポイントがあります。 【未就学児の場合】 ポイント❶保育の質?職場・家からの距離?優先順位を明確に 家またはオフィスからの距離、保育方針・カリキュラム、料金、預けられる時間等、優先順位を明確に園探しすることが大事です。給食、園庭の有無等、日本の保育園と環境が異なる場合もあります。その国のスタンダードを知ることは大事ですね。 ポイント❷疑問があれば先生に相談を 国が違えば常識が違うことも多々あります。疑問がある場合は、先生とコミュニケーションを取ることをオススメします。英語が苦手な場合は、口頭でなくとも、What’s UpなどSNSを通じて直接連絡できることも多いです。万が一園が合わない場合には、転園も視野にいれることも出来ますよ。(※ただし、人気の園だと数カ月待つこともあります)。 【小学生以上の場合】 ポイント❸放課後の「学童」の利用も シンガポールにも学童に相当するサービスがあります。一般的には、ローカルの小学生向けのものですが、依頼すれば日本人が通える場合もあります。(※ただし、学校→学童の移動の手段を交渉する必要があります)。 さらに、左記のような外部環境以外にも、実は「仕事と家庭の両立」に必要なことが。シンガポーリアンの共働き世帯に聞いたところ、海外出張などが多いシンガポールでは「夫婦での協力」関係が最も重要な要因になるそう。夫婦の「どちらか」ではなく、「全員野球」による両立を図るのがシンガポールスタイルのようですね。女性が働きやすいシンガポール。チャレンジしてみたい方はぜひ一歩進んでみることを応援します。 はたらくママ@シンガポールは、シンガポール在住の日本人で働いているママ、いずれ働こうと考えているママが「学ぶ」そして同じ思いをもつママ同士を「つなげる」場を提供しているコミュニティです。 情報提供 はたらくママ@シンガポール http://asia.hatamama-world.com/

シンガポール ビジネス

レンタルオフィス

採用 昨今、日本人のビザの取得が厳しくなり、働く上でのハードルが高くなりつつあるシンガポール。ただ、せっかくシンガポールで生活するのであれば当地で働きたいという方も多いはず。このページでは、そのような方に向けて仕事探しの基本的な流れについて説明します。 採用までの流れ 基本的には日本の就職活動と同じく、人材紹介会社を経由して興味のある求人に応募するケースが一般的です。日本との大きな違いは、シンガポールでは経験者採用・通年採用が一般的であり企業側の採用緊急度が高い求人が多いため、企業側に興味を持っていただけるとかなり速いスピード(速いケースだと1週間前後)で採用プロセスが進みオファーに至る可能性があります。内定、オファー承諾後に就労ビザ(EP・S-pass)、または就労許可(LOC)の申請に移ります。場合によりますが、就労ビザの場合は申請に1カ月程度、就労許可の場合は数週間程度の時間を要し、その後の就労開始となります。 日本人向けの仕事内容 日本人向けの仕事は、業務の中で外部へ日本語を使う場面が想定される仕事や、日本人的な対応が求められる仕事 (営業、カスタマーサポート、秘書などの事務職、パートなど)が多数を占めています。業種としては産業構造を反映し、製造業、物流、サービス業などの案件が多い印象がありますが、最近はITを中心としたスタートアップの案件も多く見られます。シンガポールでは日系企業を中心に日本語スピーカーのニーズは引き続き高いものの、就労ビザの取得が昨今難しくなっていることを背景に、シンガポール人の日本語スピーカーのニーズが高まっています。そういった中で日本人として仕事を見つけるためには、ご自身の就労経験やスキルを棚卸した上で、ご自身の強みを生かした就職が必然的に必要になります。 待遇面について 現地採用の場合は駐在員と異なり、家賃補助やその他の補助はつかないことが一般的です。ボーナスに関しては企業により様々ですが、AWSと呼ばれる慣習があり、年末などに1カ月分の給与を追加で支給する企業が多い印象です。業績賞与や個人コミッションを支給する企業もありますので、応募の際に検討されることをお勧めします。 まずは人材紹介会社に相談を 初めての海外就職で疑問や不安が多いかと思います。そのような時は人材紹介会社をうまく活用して、会話の中でキャリアプランや軸を明確にし、自身にあった仕事を見つけてください。 情報提供 伊藤 敬一さん グッドジョブクリエーションズシンガポール  Good Job Creations (Singapore) Pte.Ltd. 238A Thomson Road, #12-08/10 Novena Square Tower A, Singapore 307684 Tel: +65-6258-8051 japandesk@goodjobcreations.com.sg www.goodjobcreations.com.sg

シンガポール ビジネス

採用

採用 昨今、日本人のビザの取得が厳しくなり、働く上でのハードルが高くなりつつあるシンガポール。ただ、せっかくシンガポールで生活するのであれば当地で働きたいという方も多いはず。このページでは、そのような方に向けて仕事探しの基本的な流れについて説明します。 採用までの流れ 基本的には日本の就職活動と同じく、人材紹介会社を経由して興味のある求人に応募するケースが一般的です。日本との大きな違いは、シンガポールでは経験者採用・通年採用が一般的であり企業側の採用緊急度が高い求人が多いため、企業側に興味を持っていただけるとかなり速いスピード(速いケースだと1週間前後)で採用プロセスが進みオファーに至る可能性があります。内定、オファー承諾後に就労ビザ(EP・S-pass)、または就労許可(LOC)の申請に移ります。場合によりますが、就労ビザの場合は申請に1カ月程度、就労許可の場合は数週間程度の時間を要し、その後の就労開始となります。 日本人向けの仕事内容 日本人向けの仕事は、業務の中で外部へ日本語を使う場面が想定される仕事や、日本人的な対応が求められる仕事 (営業、カスタマーサポート、秘書などの事務職、パートなど)が多数を占めています。業種としては産業構造を反映し、製造業、物流、サービス業などの案件が多い印象がありますが、最近はITを中心としたスタートアップの案件も多く見られます。シンガポールでは日系企業を中心に日本語スピーカーのニーズは引き続き高いものの、就労ビザの取得が昨今難しくなっていることを背景に、シンガポール人の日本語スピーカーのニーズが高まっています。そういった中で日本人として仕事を見つけるためには、ご自身の就労経験やスキルを棚卸した上で、ご自身の強みを生かした就職が必然的に必要になります。 待遇面について 現地採用の場合は駐在員と異なり、家賃補助やその他の補助はつかないことが一般的です。ボーナスに関しては企業により様々ですが、AWSと呼ばれる慣習があり、年末などに1カ月分の給与を追加で支給する企業が多い印象です。業績賞与や個人コミッションを支給する企業もありますので、応募の際に検討されることをお勧めします。 まずは人材紹介会社に相談を 初めての海外就職で疑問や不安が多いかと思います。そのような時は人材紹介会社をうまく活用して、会話の中でキャリアプランや軸を明確にし、自身にあった仕事を見つけてください。 情報提供 伊藤 敬一さん グッドジョブクリエーションズシンガポール  Good Job Creations (Singapore) Pte.Ltd. 238A Thomson Road, #12-08/10 Novena Square Tower A, Singapore 307684 Tel: +65-6258-8051 japandesk@goodjobcreations.com.sg www.goodjobcreations.com.sg

シンガポール ライフ

ガソリン

ガソリン 安くはないシンガポールのガソリン代 ガソリンをマレーシアからの輸入に頼っているシンガポール。そのためガソリン代も安くはない。1リットルあたりレギュラー平均S$2.30(184円2019年現在、価格は編集部調べ)と日本よりも割高です。 シンガポールのガソリンスタンド事情 Caltex、ESSO、Shell、SPCがシンガポール内のガソリンスタンド主要4社。ガソリンの種類は日本と同様でレギュラーとハイオクがあります。ガソリンにはそれぞれブランド名があるので、価格で判断すれば間違いありませんが、レギュラーの場合、名前の後ろに92とナンバーがつくものが多いです。この数字はOctane(オクターン)のパーセンテージを表しており、レギュラーは92-Octane、ハイオクの場合は95や98となります。金額は1リットルあたりで表記されています。ガソリンスタンドでは、自分で給油することもできますが、スタッフが対応してくれます。ガソリンスタンドには、スーパーマーケットのFairPrice Xpressやコンビニエンスストアが併設しているので、給油が終わったら自分でレジまで行き、給油機の番号を伝え支払いましょう。支払いは現金、またはクレジットカード、NETSカードが使用できます。 ガソリン代の安いお隣のマレーシアへ車で出かける時のルール マレーシアは産油国のため、ガソリン代がシンガポールの3分の1ほどだと言われています。シンガポールの市街地からマレーシアのジョホールバルまでは45分ほどで着いてしまいます。そのため、国境を超えて給油しに行くシンガポール人が急増し、シンガポールのガソリンスタンド業界は大打撃を受けました。そのことから「3クォータータンク法」という法律が施行され、現在はマレーシアの国境を超える場合「ガソリンのタンクが3/4以上満たされていること」が必須となっています。違反すると、S$500(40,000円)の罰金が科せられます。 スタンド経営会社はクレジットカード業者と提携していて、特定のカードを利用すれば、割引価格にプラスして、さらに割引あるいはポイントが提供されます ※S$1=80円

シンガポール ライフ

車の購入

運転免許 シンガポールで運転免許証を取得する シンガポールで車を運転するには、①日本で取得した運転免許証をシンガポールの免許証に書き換える方法、②シンガポールで新しく取得する方法の2パターンあります。 シンガポールで使える3つの運転免許証 ❶国際運転免許証(来星日より12カ月間有効) ❷日本の運転免許証の翻訳証明書(来星日より12カ月間有効) ❸シンガポールの運転免許証 運転免許証の切り替え 諸外国の運転免許証保持者がシンガポールに12カ月以上滞在した場合、シンガポールの運転免許証に切り替えた後でないと運転が認められません。シンガポール交通警察が行うBasic Theory Test(学科試験)に合格する必要があります。その後、交通警察で免許切り替えの申請を行い、シンガポールの免許証が郵送されます。 ■登録と学科試験の予約 シンガポール運転免許証への切り替えは、自動車教習所に登録して学科試験の予約をします。 ■必要書類(コピー不可) パスポート/EPなどの在留許可証/費用(受験料+登録料、教習所実施の講習参加時は別途確認) ■学科試験 学科試験は、申請した教習所内で交通警察が行います。試験当日に受験票を受け取り、パソコン画面に必要事項を入力していきます。(テストは3択式/パネル方式で解答し全50問45問以上正解で合格/試験時間50分) ■学科試験終了後の手続き 学科試験終了後、合否の結果が画面上に表示され、合格の場合は交通警察で免許切り替え申請を行います。約1カ月前後に郵送にてシンガポールの運転免許証が届きます。 ■合格後の申請時に必要な書類等 パスポート/EP等の在留許可証/有効な日本の運転免許証、有効な国際運転免許証、または日本大使館が発行する日本の運転免許証の翻訳証明書のいずれか/手数料S$50/写真1枚(パスポートサイズ: カラー) 日本の運転免許が失効してしまったら…? ❶失効後6カ月以内の場合、所定の講習を受講し、適正試験に合格すると免許証が交付されます。 ❷やむを得ない事情(海外駐在等)で失効後6カ月以上3年以内の場合、帰国後1カ月以内に所定の講習を受講後、適正試験に合格すると免許証が交付されます。 Singapore Safety Driving Centre     www.ssdcl.com.sg ※S$1=80円

シンガポール ライフ

運転免許

運転免許 シンガポールで運転免許証を取得する シンガポールで車を運転するには、①日本で取得した運転免許証をシンガポールの免許証に書き換える方法、②シンガポールで新しく取得する方法の2パターンあります。 シンガポールで使える3つの運転免許証 ❶国際運転免許証(来星日より12カ月間有効) ❷日本の運転免許証の翻訳証明書(来星日より12カ月間有効) ❸シンガポールの運転免許証 運転免許証の切り替え 諸外国の運転免許証保持者がシンガポールに12カ月以上滞在した場合、シンガポールの運転免許証に切り替えた後でないと運転が認められません。シンガポール交通警察が行うBasic Theory Test(学科試験)に合格する必要があります。その後、交通警察で免許切り替えの申請を行い、シンガポールの免許証が郵送されます。 ■登録と学科試験の予約 シンガポール運転免許証への切り替えは、自動車教習所に登録して学科試験の予約をします。 ■必要書類(コピー不可) パスポート/EPなどの在留許可証/費用(受験料+登録料、教習所実施の講習参加時は別途確認) ■学科試験 学科試験は、申請した教習所内で交通警察が行います。試験当日に受験票を受け取り、パソコン画面に必要事項を入力していきます。(テストは3択式/パネル方式で解答し全50問45問以上正解で合格/試験時間50分) ■学科試験終了後の手続き 学科試験終了後、合否の結果が画面上に表示され、合格の場合は交通警察で免許切り替え申請を行います。約1カ月前後に郵送にてシンガポールの運転免許証が届きます。 ■合格後の申請時に必要な書類等 パスポート/EP等の在留許可証/有効な日本の運転免許証、有効な国際運転免許証、または日本大使館が発行する日本の運転免許証の翻訳証明書のいずれか/手数料S$50/写真1枚(パスポートサイズ: カラー) 日本の運転免許が失効してしまったら…? ❶失効後6カ月以内の場合、所定の講習を受講し、適正試験に合格すると免許証が交付されます。 ❷やむを得ない事情(海外駐在等)で失効後6カ月以上3年以内の場合、帰国後1カ月以内に所定の講習を受講後、適正試験に合格すると免許証が交付されます。 Singapore Safety Driving Centre     www.ssdcl.com.sg ※S$1=80円

シンガポール ライフ

チャンギ空港

公共交通機関 公共交通機網の発達したシンガポール島内全土を簡単に移動できます 購入・売却 新規の運転免許取得が当地での運転への近道 2018年10月以降、マレーシア交通局(JPJ)が、日本を含めた外国の免許証からマレーシアの免許証への新規書き換えを一時停止しており、2019年10月末現在も状況は変わっていません。基本情報として、日本の運転免許証がある場合に当地の免許への書き換え方法は、①免許証の英語訳を日本大使館で発行してもらう(申請書、パスポート、有効期限内の日本の免許証、手数料RM80が必要)②JPJで当地の免許証申請(日本大使館発行の免許証の英語訳、パスポート、有効期限内の日本の運転免許証、証明写真、手数料1年につきRM30)という2ステップが必要です。すでに当地の運転免許を取得している方は、更新を忘れずに行いましょう。手数料は1年あたりRM30です。 新規に運転免許を取得する方法とは 当地で新規に免許を取得するためには、①自動車運転教習所に入校 ②講習と筆記試験を受ける(英語を選択可)③仮免許(Lライセンス)取得 ④本免許取得の4つのステップが必要となります。入校から初心者ライセンス「Pライセンス」の取得までは、学校にもよりますが7〜10週間で、RM2,500前後です。 ※RM1 = 25円

シンガポール ライフ

公共交通機関

公共交通機関 公共交通機網の発達したシンガポール島内全土を簡単に移動できます 購入・売却 新規の運転免許取得が当地での運転への近道 2018年10月以降、マレーシア交通局(JPJ)が、日本を含めた外国の免許証からマレーシアの免許証への新規書き換えを一時停止しており、2019年10月末現在も状況は変わっていません。基本情報として、日本の運転免許証がある場合に当地の免許への書き換え方法は、①免許証の英語訳を日本大使館で発行してもらう(申請書、パスポート、有効期限内の日本の免許証、手数料RM80が必要)②JPJで当地の免許証申請(日本大使館発行の免許証の英語訳、パスポート、有効期限内の日本の運転免許証、証明写真、手数料1年につきRM30)という2ステップが必要です。すでに当地の運転免許を取得している方は、更新を忘れずに行いましょう。手数料は1年あたりRM30です。 新規に運転免許を取得する方法とは 当地で新規に免許を取得するためには、①自動車運転教習所に入校 ②講習と筆記試験を受ける(英語を選択可)③仮免許(Lライセンス)取得 ④本免許取得の4つのステップが必要となります。入校から初心者ライセンス「Pライセンス」の取得までは、学校にもよりますが7〜10週間で、RM2,500前後です。 ※RM1 = 25円